スクールのあゆみ(4) 続・開校記念パーティー

開校記念パーティーの際には、長野県教師協会会長(当時)の吉田定永先生も長野市より駆けつけてくださり、御祝辞を賜りました。




さて、話は前後しますが、私(スクールオーナー・森本)が石原久嗣先生と知り合ったのは、私が20代の終わりの頃です。

プライベートレッスンを受けていた岡谷市の吉江保先生からご紹介いただいたのが、石原久嗣先生でした。東京四谷の石原ダンスクラブでラテン種目を中心に教えてみえました。


石原ダンスクラブは石原市三・佳代子先生が主宰されており、ご出身が山梨県で、そのご縁のことだったと記憶しています。




久嗣先生はプロのラテンチャンピオンを経て引退されたばかりでした。

(現在は日本ボールルームダンス連盟本部専務理事として活躍中)


すばらしいダンサーである一方、なかなかユーモアたっぷりの方で、私が飯田から東京にレッスンに行くたびに「山奥から与作が来た!」「また来たぞ!ものすごい田舎から与作が来た」と与作、与作の連呼です。そういえば、サブちゃんの与作が流行ってましたっけ。ヘイ・ヘイ・ホー


ダンスのレッスンをしても「おまえは脚が短いなあ、まったく!」と言いたい放題です。


でも実際には、奥様の由美子先生ともども本当に優しい、あたたかい人柄の方です。何かにつけ陰ながらご心配をいただき、有難いかぎりです。


さて、忘れかけていました祝賀会ですが、開校記念ダンスパーティーのあと会場を飯田駅近くのシルクホテルに移して開校記念祝賀会を行っていました。

写真はこの会食風景だけですが・・・


石原由美子先生が「ワインがおいしいわ~!」と喜んでくださったことだけは覚えています!




4回の閲覧